畠山水脈さん

岩手県盛岡より  畠山水脈(ハタケヤマ ミナミ)さん

mo_6_01畠山水脈(ハタケヤマ ミナミ)さんは、岩手からは、夜行バスで毎回、
通っていただいたガッツあるすごい人です。
フットワーク良く、仙台や青森にもイベントに参加しています。

ブログ 雪国からのキャンドル便り

HP Candlemizuki


 

q現在の活動を教えてください06_01

a1イベント出展や雑貨店で委託販売をしています。
その他にキャンドルナイトのようなイベントでキャンドルを灯したり、出張キャンドル教室をしています。

qキャンドル作りを始めたきっかけは?

a1もともと「手作り」が好きだったのと、アロマテラピーの勉強をしたときに、自分の好きな香りで好きな色、形のキャンドルを作りたいなと思ったのがきっかけです。

06_02
qキャンドルスクールを選ぶ時の自分なりの大切な基準はありましたか?

a1遠方から通うということもあり、教室選びは慎重にいろいろなキャンドル教室のHPなど見ましたが、アットホームながらしっかりした技術指導をしているキャンドルスタジオ花織工房に決めました。

qキャンドル作りを始めて変わった&得たことは?06_03

a1何でもキャンドル目線で(これはキャンドルの型になりそうだなとか)見るようになってしまいました。買い物に行っても、気が付くとキャンドル作りに使えそうなものばかり買っている自分にハッとすることが多々あります(笑)。活動を通して人との縁や繋がりを今までより大切に有難く感じるようになり、キャンドルを通して自分の世界が想像以上に広がりました。

qキャンドルを続けてゆく為に何が必要ですか?

a1キャンドルの技術&知識をもっと高めたいという向上心と、キャンドル作りを続けられる環境にいることや応援してくれている人、キャンドルを通じて出会った人への感謝の気持ちを持ち続けることが大切だと思います。

06_04
q今後の活動目標は?または、実現させたい事はんですか?

a1地元(岩手)だけでなく、他県のイベントにも参加して活動の場を広げていきたいと思っています。
将来的にはアトリエを持ち、そこでキャンドル教室を開きたいです。

q頑張ってゆく後輩キャンドルアーティストさん達に一言お願いします。

a1キャンドルを通じて得たものを大切に、キャンドルと触れ合う生活を楽しんでほしいと思います。キャンドルの灯火の輪を一緒に広げていきましょう!

06_05


06_07

入学前のメールのやり取りで畠山水脈(ハタケヤマ ミナミ)さんのイメージが自分の中では出来上がっていました。そこはメール、イメージとどこまで違うかを楽しみにお会いしたのですが、イメージ以上に素敵な畠山水脈(ハタケヤマ ミナミ)さん。
岩手からは、夜行バスを使い寝袋持参で毎回お教室へ。美人なだけではなく、体力気力もすごい人です。

06_06

もう1つハタケヤマ ミナミさんの素敵なところ
他の方の話す事をきちんと耳を澄ませて聴く、そしてそれを消化してゆき自分の形に少しずつしてゆく。少しだけれど止まらず継続的に活動し上へ上へと...それが彼女流。

振り返り1年前と違う事がたくさんある事に気が付き楽しんでいる彼女だと思います。
社団法人日本キャンドル・ハンドクラフト協会の設立パーティーで推薦会員として沢山の方の前でお話をされた畠山水脈(ハタケヤマ ミナミ)でしたが、凛としてとても素敵な岩手代表でした。

形になってゆく生活と同じように畠山水脈(ハタケヤマ ミナミ)さんのキャンドルも形になって沢山の方に見て手に取ってもらえる事を楽しみにしています。


l 次

 

お問合せ  info@candlestudio.jp   Candlestudio花織工房 柏教室


▲ページ先頭へ戻る