宿井はぜの木(はぜ蝋)

Posted on 2014年9月12日

日本キャンドル・ハンドクラフト協会から「はぜの実蝋絞り見学体験」へ行きました。

南周防農地整備事業所より 抜粋
江戸時代、毛利藩では「米」「塩」「紙(和紙)」「ロウ(木蝋=ハゼの実ロウ)」の生産を奨励する『防長四白政策』がありました。『四白政策』の時代、田布施町近辺で採れるハゼの実はとても良質でしたが、第2次世界大戦中および戦後の食料増産政策により多くのハゼの木が切り倒されました。

唯一 残ったはぜの木です。


▲ページ先頭へ戻る